ブログ&コラム

2017.11.09

即日インプラント(その日のうちに歯が入るインプラント)はできますか?

患者さまの状態によります。

具体的には骨の硬さとか、骨の厚みなどにより違いますが、状態がいい場合、その日のうちにインプラントを埋入し、仮歯を入れることができます。

一度、ご相談ください。

2017.08.01

矯正歯科治療後、もとに戻ったりしませんか?

すべての患者さんは、矯正装置をはずした後に保定を行う必要があります。

装置をはずした直後の歯はかなり動揺していますので、きちんと保定を行わないと歯が動き出す場合があります。

 

通常、この保定には保定装置(リテーナー)という後戻りを防止する装置を用います。

この装置をきちんと使用することも矯正歯科治療の大事な一部です。

 

保定期間は、最低でも歯を動かしたのと同じ期間、できれば2年は必要です。

その後も、正しい噛み合わせを維持するためには、年に1回の定期検診を受けることが大切です。

2017.04.03

インプラント治療ってなんですか?

インプラント治療とは、何らかの原因で失われた歯のかわりに、顎の骨に人工の歯根(インプラント)を植える方法です。

 

インプラント体に使われる素材は、生体親和性の高い「チタン」が使用されており、ほとんど生体に異物防御反応をおこさせることはないといわれています。

 

形態は棒状の単独植立。

顎の骨に植える部分はらせん状になっており、骨がつきやすい(骨性癒着:オッセオインテグレートと言います)ように加工されています。

2017.03.04

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。

歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

 

歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。

ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

2017.01.19

ブリッジや差し歯があります。矯正歯科治療はできますか?

差し歯は問題ありませんが、ブリッジの歯を動かす必要がある場合、一度ブリッジをはずし、1本1本の歯に装置を付けることがあります。

 

ただし、天然歯(治療をしていない歯)と比べて接着剤がつきにくいため、何度か治療途中で矯正装置がはずれてしまう可能性があります。

はずれたときには再度接着剤でつけ直せば問題ありません。

2016.10.26

インプラント手術中はずっと口を開けてなくてはいけませんか?

器具の取り替え時など、患者さまが口を楽にする時間を設けておりますので、どうぞご安心ください。

2016.09.05

インプラント手術後の歯磨きはしてもいいですか?

手術した部位の歯ブラシは避けてください。縫い合わせている糸が切れたり傷口がひらいたりしますので、他の部位を歯ブラシで丁寧に磨くことをオススメします。汚れると感染の原因になるからです。

その際、歯磨き粉は使わないようにしてください。また、歯磨きの後の「ぶくぶくうがい」もしないようにしましょう。

どうしても、という方は軽くゆすいでツバを吐く程度でお願いします。

2016.05.26

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及んで、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。

その症状には個人差があり、大半の歯槽骨を失うほどの重いケースもあります。

 

一方で歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状で、歯の周辺の歯槽骨は正常な状態にあります。

2016.05.02

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

歯槽膿漏と歯周病は同じものです。

 

これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。

一方で最近は、歯肉だけでなく、歯を支える歯槽骨を始め、歯の周辺の広範囲に様々な症状が表れるため「歯周病」という名称が多く用いられるようになりました。

2015.11.30

歯のクリーニング(PMTC)だけで歯を白くすることは出来ますか?

歯の表面の着色の場合はクリーニング(PMTC)だけで、きれいになります。

歯の内部的変色や本来の歯の色以上に白くしたい場合は、ホワイトニングやセラミックなどの方法もあります。

1 2 3 4 5
一番上に戻る
TEL.093-382-6480TEL.093-382-6480カウンセリング・お問い合わせカウンセリング・お問い合わせ