歯周病治療

歯周病について

成人の80%がかかっていると言われています

歯周病とは、歯を支える歯槽骨が減り、周囲の炎症とともに歯にダメージを与える疾患です。そのまま放置すると歯が脱落してしまう危険性があります。その原因は歯の汚れであるプラークです。
気づいていない方も多いかもしれませんが、日本では成人の約80%が歯周病菌に感染していると言われています。歯周病は痛みなどの自覚症状がないままに進行し、歯を失う原因ともなります。

歯周病チェック

  • 起床すると、口の中がネバついている
  • 食べ物などが歯と歯の間に詰まりやすい
  • 毎日の歯磨きで出血する
  • 歯がグラつく、緩んでいる気がする
  • 口臭が続く、気になる
  • 歯茎から膿が出る、赤く腫れている
  • 以前より歯が長くなったような気がする
  • なんとなく痛み・かゆみ・不快感がある

1つでも当てはまった方は、歯医者さんを受診しましょう!

歯周病はこうして進行します

なかの歯科の歯周病治療

大切な歯を失うことがないように

大切な歯を失うことがないように当院ではレントゲンやOHIS(歯周病リスク診断)の検査結果などに基づいて、今後患者さんのお口がどのような状態になるかを予測し、治療計画を立てます。
歯周病治療においては、歯科衛生士とのコミュニケーションがとても大切です。担当の衛生士が病気の説明とともに、ブラッシング指導と歯石の除去を徹底的に行い、歯周病によって大切な歯を失うことがないようにしていきます。
歯周病治療で一番大切なことは、患者さんご自身の意識です。ご不明な点があれば、衛生士に何でもご相談ください。

歯周病には予防が有効です!

歯周病には予防が有効です!歯茎が腫れたり、歯がぐらぐらしたりしている場合は、歯周病になってから長い時間が経過していることが多いため、治療にも時間がかかります。
毎日丁寧にブラッシングを行い、歯垢が溜まらないように注意しましょう。
そしてどんなに磨いていても歯垢、歯石はつくものです。定期的に歯科医院で除去を行い、清潔な口腔内を保つことが、歯周病にならないための一番の予防策です!

一番上に戻る
TEL.093-382-6480カウンセリング・お問い合わせ