義歯(入れ歯)

患者さんの状況に応じてピッタリの入れ歯をご提案

患者さんの状況に応じてピッタリの入れ歯をご提案「入れ歯が合わない」「痛くて噛めない」「口の中に違和感がある」など、入れ歯に対してあまり良くないイメージを持っている方もいることでしょう。 当院では患者さんのお口の状況によって、いろいろな治療方法をご提案します。 入れ歯には部分的な入れ歯と総入れ歯があります。どちらも保険、自費の素材をご用意しています。

入れ歯のお悩み、諦めていませんか?

毎日ストレスフリーで過ごすために。入れ歯のお悩みチェック!

  • 入れ歯が痛いときがある
  • 大きな声や発音が難しいことがある
  • 入れ歯がガタガタする
  • パンなどの柔らかい物も噛みにくいことがある
  • 入れ歯が外れたり、外れそうになったりする
  • うどんやラーメンなどの麺類が食べづらい

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度歯科医院へお越しください!

当院で取り扱っている入れ歯の種類

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯保険診療の入れ歯は人工歯と、土台となる義歯床の素材が限られているため、費用は比較的安価で作ることが出来ます。
部分入れ歯の場合、留め金(クラスプ)は金属のみに限られているため、入れ歯を装着する場所によっては目立つため、入れ歯をしていることが気づかれやすいデメリットもあります。

メリット

  • 保険診療のため、費用を抑えることができる。
  • 破損した場合の修理も比較的容易で安心できる。

デメリット

  • 変色やすり減りなどの経年劣化が起こりにくい。
  • 臭いや汚れを吸着しやすく、お口のトラブルにつながる。
  • 床の厚みによって装着時に違和感を感じる。
  • 食事の味や温度が伝わりにくい。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯様々な素材の入れ歯と取り扱っております。
保険の入れ歯に比べると、割れにくい、目立ちにくい、噛みやすいなど、メリットは多く、用途に合わせて素材を選ぶことが出来ますが、自費となるため費用は高くなります。

メリット

  • 薄い金属や柔らかい素材を選択することで、装着時の違和感がほとんどない入れ歯を作ることができる。
  • クラスプ(金属の留め具)のない入れ歯にすることで、金属アレルギーの心配がなく、審美性も高くなる。
  • 見た目や機能性を、よりご自身の歯に近づけられる。

デメリット

  • 保険が適用されないため、比較的費用の負担が大きい。
スマートデンチャー(部分入れ歯)
自費診療の入れ歯
  • 部分入れ歯の留め金がなくなり、入れ歯の違和感がありません。
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。
金属床義歯
金属床義歯
  • 義歯床に金属を使用する入れ歯です。
  • 普通の入れ歯より薄くできるので、違和感も少なくなります。
  • 熱を伝えやすいので、食事の温度(温かさや冷たさ)を感じることができます。
  • チタン床義歯の場合は非常似軽く、金属アレルギーの心配がありません。
アタッチメント義歯
アタッチメント義歯
  • 入れ歯と歯に精密な装置などを取り付ける方法です。
インプラント義歯
インプラント義歯
  • チタン製の人工の歯根を埋め込み、人工歯を装着する方法です。
  • 周囲の歯に負担をかけない治療法です。
  • 従来の入れ歯よりしっかり噛むことが出来ます。

入れ歯にもメインテナンスは必要です

入れ歯を長持ちさせるために

入れ歯にもメインテナンスは必要ですご自身の歯と同様に入れ歯にもメインテナンスは必要です。
お手入れがうまく出来ていないと、汚れが溜まり口臭やカビの原因になり、お口に炎症が起きる場合もあります。
せっかく作ったピッタリの入れ歯を長持ちさせるためにも、定期的に歯科医院でのメインテナンスを行いましょう。

一番上に戻る
TEL.093-382-6480カウンセリング・お問い合わせ