矯正歯科

矯正治療が必要な理由

歯並びが良いと、周囲に健康で魅力的な印象を与えます。もちろん見た目の問題だけではありません。歯並びや噛み合わせが良くないために、さまざまなトラブルが引き起こされる可能性があります。

あなたはどんな歯並びでお悩みですか?

歯並びや咬み合わせによる悪影響

歯並びや噛み合わせが良くないと、どのような問題が生じるのでしょうか?

  • 歯みがきが正しく行えないため、虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 食べ物が噛めないため、消化・吸収に悪い影響が及ぶ
  • 正しい発声や発音が妨げられる
  • お子さんの場合、顎の骨の正常な発育が妨げられる
  • 人前で堂々と話したり、笑ったりできないため、精神的なストレスやコンプレックスを抱きやすくなる
  • 肩こり、頭痛などの原因となる

こうした問題を解決し、健康で快適な生活を送るために矯正を行う患者さんが増えています。
大人の矯正の場合は、噛み合わせが特に重要です。矯正によって噛み合わせを改善し、また歯みがきをしやすくすることで、今ある歯を長持ちさせることができます。

なかの歯科の矯正治療

なかの歯科の矯正治療当院では、歯周病の状況が悪くならない様にする、また虫歯がなりやすい状況を改善する事を目的でお子さまから大人の方まで、矯正治療をご提供しています。
もともと矯正治療が必要な場合は他院へご紹介を行っておりましたが、健康な歯を抜いてまで矯正治療をする事に対して少し疑問を持っていたため、なるべく歯を抜かない矯正治療を提供したいと思い、当院で矯正治療が出来るよう体制を整えました。
複雑な症例の場合は、専門の提携している医院をご紹介しています。

子どもの矯正治療

矯正治療は何歳から?

お子さまの矯正治療は年齢によって1期治療と2期治療に分かれます。
1期治療(すべての歯が永久歯に生え変わる前の治療)をすることで、将来の歯並びに良い影響を及ぼすと言われています。

  • 歯並びの改善
  • 咬み合わせの改善
  • 口呼吸から鼻呼吸へ
  • お口ポカンの改善
  • 正しい発音
  • 正しい飲み込み
1期治療:予防矯正(混合歯列期) 2期治療:本格矯正(永久歯列期)
1期治療:予防矯正(混合歯列期) 2期治療:本格矯正(永久歯列期)
~10歳ごろ
乳歯が永久歯に生え変わる前に行う治療です。
11歳ごろ~
永久歯にすべて生え変わってから行う治療で、大人の矯正治療と同じです。

1期治療で終了されるお子さまもいれば、2期治療まで希望されるお子さまもいらっしゃいます。2期治療をされる場合でも、1期治療をしておくことにより、治療期間が短くなったり、歯を抜かなくて済む等のメリットがあります。

「プレオルソ」こども歯並び矯正法

プレオルソ当院では、「プレオルソ」というマウスピース式の矯正治療法を導入しております。
プレオルソは歯並びだけでなく、口周りの筋肉の機能を改善する訓練を同時に行うことが可能です。「お口ポカン」の口呼吸を鼻呼吸へ促します。

大切な成長時期にこそ「プレオルソ」

永久歯に生え変わってからの矯正治療は一般的によく用いられるワイヤー矯正になりますが、この治療法であれば小児(6歳~10歳)の骨の柔らかい時期に使うことで、非常に大きな効果が期待できます。

取り外し可能で、短時間なので嫌がりません

固定式の装置は、違和感や痛みが強いのですが、マウスピース式はそれがほとんどなく、特にプレオルソは柔らかい素材で出来ているので、装着感が良く、装置を嫌がらずに使うことが出来ます。装着時間は就寝時と家にいる時(1時間程度)のみで、学校に持って行く必要はありません。
また食事の時に装置を外せるので歯磨きも簡単で、虫歯の心配がありません。

詳しくはコチラ

大人の矯正治療

ワイヤーによる矯正

ワイヤーによる矯正なかの歯科では、矯正治療で最もポピュラーなワイヤーによる矯正治療を行っています。
歯にブラケットという装置を付け、そこにワイヤーを通し、歯を動かして歯並びを整えます。
見た目が気になる方には、目立ちにくい白いワイヤーもご用意しております。
難症例の場合は、提携している医院をご紹介する場合があります。

部分的な矯正にも対応

歯と歯の間の隙間が気になる、前歯が1本だけ前に出ているのを治したい、など、部分的に治したいという方には部分矯正をおすすめします。部分矯正では付ける装置も比較的小さく、違和感も少ないのが特徴です。ただ、すべての患者さんに行えるわけではないので、ご相談ください。

一番上に戻る
TEL.093-382-6480カウンセリング・お問い合わせ