ブログ&コラム

2019.11.21

歯と歯の隙間が気になるのですが……

いわゆる”すきっ歯“には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。

歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。

とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。

一番上に戻る
TEL.093-382-6480カウンセリング・お問い合わせ