私が歯科医になったきっかけ

副院長あいさつ父と叔父が歯科医師という環境に育った私は、最初は看護師を希望していたのですが「看護師では治療ができない」と言われ、直接、治療に携わることのできる歯科医を目指しました。

歯科大学の学生時代には、治療をていねいにやりすぎて時間がかかったり、歯を削ることにとても抵抗を感じたりして、歯科医師には向いていないのではないかと思ったこともありました。けれども、それは自分が患者として歯を削られて痛かったり、治療で納得できない部分があったりしたためかもしれません。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?