予防への探求

副院長あいさつ歯科大学在学中に口の中について知ったことをきっかけに、予防に興味がわいてきました。「歯を削ったり、詰め物をしたりする治療を受けずにすむならそれがベスト、歯科医になってそのことを患者さんに伝えたい」と思い、卒業後も予防を勉強してきました。

患者さんに最良の治療と予防の知識を提供するため、今でも最新の予防医学を学び続けていますし、スタッフもセミナーに一緒に参加して予防に関する知識を増やしています。

研修医を続けたあと、叔父の歯科医院に勤め、その後の産休を経て、院長とともに開院の準備に入りました。開業前に院長が勤めていた歯科医院を見学したり、院長の入っているスタディーグループにも参加させたりしてもらい、知識を深めてきました。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?