歯科医師として、母親として、地域の子供たちの歯の健康を守りたい

副院長あいさつ予防を学ぶ中で特に強く感じたことは、子供の頃に健康な歯の基礎ができていれば、大人になってからも虫歯や歯周病に悩まされる危険度が下げられるということです。

院長が今、困っている患者さんを助ける最新の治療をするならば、私は子供たちに幼いときから虫歯にならなくてすむ方法を伝えていきたいと思います。私自身も、母親として子供を一生虫歯にさせたくないという気持ちがありますし、次世代を担う子供たちの歯の健康に対する意識が向上し、それが地域全体に広がっていけばよいと思っています。

歯科医師であると同時に母親であり患者であったので、子供たちのお口の健康について地域のお母さんと共感できることはたくさんあります。大人になってもメンテナンスだけですむ子供たちが増えてくれることを期待しています。

【経歴】
明治学園高等学校 卒業
九州歯科大学 卒業

【所属】
九州歯科大学予防講座 同門会

【趣味】
映画鑑賞、ドライブ

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?