医療人としての心構えを学んだ勤務医時代

院長あいさつ歯科医院に勤務しながら勉強を進めるにつれ、それまでの病院のやり方に疑問を持つようになりました。そこで同じスタディーグループにいる先生の医院に勤めることにしました。

そこで一番学んだことは、基本的な治療と医師としての心構えです。それ以前は患者さんの歯を削ったり抜歯したりすることが歯科医師の仕事だと思っていました。しかし、そうした対症療法では本当の意味で患者さんを健康な状態にすることにはなりません。

歯が健康であれば、患者さんは毎日笑顔で生活できます。患者さんと長くつきあい、治療後もお口を良い状態に保つサポートをすることこそ、医療人としてなすべき重要なことと考えるようになりました。それ以来、私は患者さんの健康をお手伝いするという心構えで患者さんと向き合ってきました。

歯科医として、患者さんの生涯にわたってお口の健康をサポートできることを知り、今ではこれが天職だと思っています。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?