患者さんについてよく知ることが大切

副院長あいさつこんにちは。なかの歯科クリニックの副院長・中野真希です。当クリニックでは主に小児歯科と予防の分野を担当しています。

私は患者さんとよくお話しをします。それはただ歯を診るだけでなく、その患者さんの生活の背景を知ることが、歯の健康を守るために大切だと考えるからです。「ここが痛い」と訴えられる患者さんでも、じっくりお話をうかがうと本当に困っているのは別のことだったりする場合もあります。

患者さんに関する情報を増やし、クリニックのスタッフ全員で共有することが、最終的な患者さんの満足につながると思っています。

私が歯科医になったきっかけ

副院長あいさつ父と叔父が歯科医師という環境に育った私は、最初は看護師を希望していたのですが「看護師では治療ができない」と言われ、直接、治療に携わることのできる歯科医を目指しました。

歯科大学の学生時代には、治療をていねいにやりすぎて時間がかかったり、歯を削ることにとても抵抗を感じたりして、歯科医師には向いていないのではないかと思ったこともありました。けれども、それは自分が患者として歯を削られて痛かったり、治療で納得できない部分があったりしたためかもしれません。

予防への探求

副院長あいさつ歯科大学在学中に口の中について知ったことをきっかけに、予防に興味がわいてきました。「歯を削ったり、詰め物をしたりする治療を受けずにすむならそれがベスト、歯科医になってそのことを患者さんに伝えたい」と思い、卒業後も予防を勉強してきました。

患者さんに最良の治療と予防の知識を提供するため、今でも最新の予防医学を学び続けていますし、スタッフもセミナーに一緒に参加して予防に関する知識を増やしています。

研修医を続けたあと、叔父の歯科医院に勤め、その後の産休を経て、院長とともに開院の準備に入りました。開業前に院長が勤めていた歯科医院を見学したり、院長の入っているスタディーグループにも参加させたりしてもらい、知識を深めてきました。

歯科医師として、母親として、地域の子供たちの歯の健康を守りたい

副院長あいさつ予防を学ぶ中で特に強く感じたことは、子供の頃に健康な歯の基礎ができていれば、大人になってからも虫歯や歯周病に悩まされる危険度が下げられるということです。

院長が今、困っている患者さんを助ける最新の治療をするならば、私は子供たちに幼いときから虫歯にならなくてすむ方法を伝えていきたいと思います。私自身も、母親として子供を一生虫歯にさせたくないという気持ちがありますし、次世代を担う子供たちの歯の健康に対する意識が向上し、それが地域全体に広がっていけばよいと思っています。

歯科医師であると同時に母親であり患者であったので、子供たちのお口の健康について地域のお母さんと共感できることはたくさんあります。大人になってもメンテナンスだけですむ子供たちが増えてくれることを期待しています。

【経歴】
明治学園高等学校 卒業
九州歯科大学 卒業

【所属】
九州歯科大学予防講座 同門会

【趣味】
映画鑑賞、ドライブ

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?