将来を見据えた歯列矯正

歯列矯正食生活の変化などにより、あごの骨が十分に成長していないお子さんが増えています。また、姿勢や口を閉じた状態で行う鼻呼吸、口の中での舌の位置など、日常生活で何気なく行っていることが、実はあごの成長に必要不可欠なことなのです。

やがて大人の歯に生え変わるお子さんの歯並びや噛み合わせに問題が生じないように、歯列矯正が必要となる場合があります。すでに噛み合わせに問題がある場合は、取り外しのできる装置を利用したり、筋肉の力を利用したりして正しい成長を促していきます。年齢によっては、ワイヤーを使用して歯を正しい位置に動かすこともあります。

永久歯が生えるためのスペースを確保
あごの骨の成長に問題がある場合は、矯正装置を使用して永久歯が生えるためのスペースを確保します。

あごの骨の成長をコントロール
子供たちはやわらかい食べ物を好むため、噛む回数が減少し、結果的にあごが十分に発達せず、歯並びの悪いお子さんが増えています。矯正治療を行うことで、大人になってからの矯正治療を回避できる可能性が高まります。

歯みがきをしやすく
子供はなかなか上手に歯みがきができないものです。歯並びが悪いと正しく磨くことがさらに困難になり、虫歯や歯周病につながりやすくなります。矯正を行うことで歯みがきを容易にし、虫歯のリスクを少なくします。

お子さんの歯列矯正の治療開始時期は、そのお子さんのお口の状態にもよりますので、気になる場合は早めにご相談ください。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?