虫歯の詰め物や被せ物を正しくフィットさせるために

一般歯科虫歯を治療する際には、再治療とならないように、また詰め物や被せ物(補綴物(ほてつぶつ))が外れないように、正しくフィットさせることを重視しています。

型をきれいに取って患者さんの歯にぴったり合わせれば、歯みがきがしやすく、隙間から汚れが入り込んで虫歯になるリスクも軽減されます。再治療をなくすために基礎的なことを徹底して行うため、治療日数が長くなる傾向があることをご理解ください。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?