患者さんの状況に応じた治療方法をご提案します

入れ歯

「入れ歯が合わない」「痛くて噛めない」「口の中に違和感がある」など、入れ歯に対してあまり良くないイメージを持っている方もいることでしょう。当クリニックでは患者さんのお口の状況によって、いろいろな治療方法をご提案します。

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。どちらも保険で治療ができます。

部分入れ歯入れ歯
・患者さん自身の歯が1本でも残っているときに部分入れ歯を作ります。
・部分入れ歯は、人工歯、歯茎と似た色の義歯床、それを残っている歯に固定する留め金(クラスプ)からなります。
・人工歯と義歯床はプラスチック、クラスプは金属です。
・取り外しができるので、日常のお手入れが簡単です
・保険が適用されるので費用負担が軽くてすみます。

<部分入れ歯のデメリット>
・金属で固定するため、見た目がよくありません。
・かたい食べ物をしっかりとかむことが難しい場合があります。
・義歯床に違和感を感じる場合があります。
・クラスプをかける歯を部分的に削る必要があります。
・クラスプをかける歯が弱っていると、その歯がぐらぐらしたり、抜けてしまうことがあります。
・金属アレルギーの原因となる場合があります。

総入れ歯入れ歯
・患者さん自身の歯がすべて失われている場合に総入れ歯を作ります。
・人工歯と歯茎と似た色の義歯床が必要です。
・人工歯と義歯床はプラスチックです。
・保険が適用されるので費用負担が軽くてすみます。

<総入れ歯のデメリット>
・入れ歯と歯肉の粘膜の吸着力で支えているため、かたい食べ物をしっかりとかむことが難しくなります。
・全体に厚みがあるため、義歯床に違和感を感じる場合があります。
・ずれたり、外れたりする場合があります。
・はずした際に唇が内側にしぼんで、しわがよるため、実際よりも上の年齢に見られる場合があります。
・長く使用する間ににおいが気になることがあります。

ブリッジ入れ歯
・抜けた歯が1〜2本程度で、その前後にある健全な歯を利用して人工の歯をかぶせる方法です。
・部分入れ歯のクラスプのような金属の留め金がないので、装着時の違和感が少なく、見た目にも自然です。
・しっかりとかむことができます。

<ブリッジのデメリット>
・両隣の歯を削る必要があり、健全な歯の寿命を縮める危険性があります。
・部分入れ歯よりも若干費用がかかります。


保険外では次のような方法があります。

金属床義歯入れ歯
・義歯床に金属を使用する入れ歯です。
・普通の入れ歯より薄くできるので、違和感も少なくなります。
・熱を伝えやすいので、食事の温度(温かさや冷たさ)を感じることができます。
・チタン床義歯の場合は非常似軽く、金属アレルギーの心配がありません。

アタッチメント義歯入れ歯
・入れ歯と歯に精密な装置などを取り付ける方法です。

インプラント義歯入れ歯
・チタン製の人工の歯根を埋め込み、人工歯を装着する方法です。
・周囲の歯に負担をかけない治療法です。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?