予防するにも悪いところを治してから

一般歯科

従来の虫歯治療では、虫歯の部分を削って詰め物をするなどの対症療法が中心でした。しかし、一度治療した歯が再び虫歯になったり、治した歯がすぐに悪くなったりしてしまうという経験をされた方もいることでしょう。それは、なぜ虫歯になったのかという原因を取り除いていないからです。

当クリニックでは、検査を行って原因をきちんと分析し、ブラッシング指導や歯石の除去、必要に応じて根管治療なども行っています。このように、お口の環境を整えてから本格的な治療を行います。

治療ではできるかぎり歯を抜いたり、神経を取ったりしない保存的な治療を基本としています。初期の虫歯の場合はなるべく削らずに、継続的に歯の状態を観察していきます。

虫歯の詰め物や被せ物を正しくフィットさせるために

一般歯科虫歯を治療する際には、再治療とならないように、また詰め物や被せ物(補綴物(ほてつぶつ))が外れないように、正しくフィットさせることを重視しています。

型をきれいに取って患者さんの歯にぴったり合わせれば、歯みがきがしやすく、隙間から汚れが入り込んで虫歯になるリスクも軽減されます。再治療をなくすために基礎的なことを徹底して行うため、治療日数が長くなる傾向があることをご理解ください。

根管治療とは

根管治療歯の根の部分にある、すでに死んでしまった歯髄や汚染された象牙質を取り除き、根管の中をしっかり治療することが根管治療。歯の根は、家づくりに例えると基礎工事にあたります。

基礎がしっかりできていないとどんなに立派な豪邸でも傾いてしまうように、歯も根の治療をおろそかにしては病気が根本から治らず、痛みがとれない場合もあります。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?