予防の概念を根底に、セレックの良さを最大限に発揮

当院のセレックはココが違う

せっかくの優れた技術も、正しく活用しなければ意味がありません。当クリニックでは、セレックの良さを最大限に発揮できるよう心がけています。

歯科医師が直接設計します
セレックは操作が簡単と言われますが、削る形や患者さんの噛み合わせに合っているかどうかなど、セレックに関する十分な知識や経験をもった医師が操作することが望ましいことは明らかです。

当クリニックでは院長が直接、セレックの機械を扱い、モニター上で患者さんの歯の形態や噛み合わせの調整を行い、理想的な差し歯を製作します。そのため完成度が高く、一人ひとりにぴったりな歯ができるのです。

セレックは麻酔をかけて行うので、しみたり、痛んだりすることはありません。しかもしっかり接着できます。歯の神経の部分が閉じているため内側から水分が上がってくる心配もなく、菌の繁殖がおさえられます。色合わせも、患者さんにご満足いただけるものとなっています。

お口をベストの状態にして感染リスクを減らします
即日で入れられるのがセレックの魅力ではありますが、お口の状態が悪いままで入れたのでは、そのメリットが得られません。当クリニックでは、感染リスクなどを下げるために事前の検査を行い、必要であればお口の環境を整える治療を優先して行います。

アフターケアも万全に
セレックは入れて終わりではありません。メンテナンスも大切です。最初は月1回、その後も3か月に1回程度のアフターケアを行います。保証期間は5年ですが、その後ケアが必要になった場合も材料代程度しかかからず、コストパフォーマンスが高いのもメリットです。

ほかの選択肢をおすすめする場合もあります

当院のセレックはココが違うセレックは革新的な技術ですが、どの患者さんにもセレックをおすすめしているわけではありません。セレックはあくまでも選択肢のひとつであり、適応できない場合はほかの選択肢をご紹介します。

たとえばクラウンに関しては別の選択肢もありますし、微調整が必要な場合や、前歯などセレックが不向きな場合もあります。その場合は理由を説明し、別の選択肢をご提案いたします。

お口のトラブルで困っていませんか?

お口の中に関する、お悩みや不安を抱えてはいませんか?